Kayoma-Sdyeane Official Blog
日本のドラムレス・ドゥーム・ドローン・ユニット「カヨマ=スディーン(Kayoma-Sdyeane)」のブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1stアルバム『The Living Dead And The Dying Man』(2008年)作品解説
【邦題】
生ける屍と死に往く男

【フォーマット】
CD-R

【曲目】
01.REMENBER:ONLY DEATH IS REAL (5:40)
02.The Final Day In Sodom (2:34)
03.Death From Above (4:38)
04.Dance Like Vitus (1:55)
05.Behold The Red Sky / ...Over The Land (4:01)
06.The Plague Rages... (1:35)

【メンバー】
Ossie(Vo)、lush(Ba)

【解説】
2008年1月27日に行なわれた初のスタジオ・セッションを、Ossieが自宅のPCで編集したもの。アルバムのタイトルおよび曲名もOssieが付けた。

作品のテーマは「大量死」。天災、神罰、疫病、戦争など、様々なシチュエーションで大勢の人間が死んでいく様をイメージした。

同時にタイトルは、過酷な現実社会から目を背け、アニメ、フィギュア、エロゲー、同人誌など、非生産的な快楽に逃避するオタクたち(=生ける屍)と、差別や貧困、犯罪などといった現代社会の問題に直面し、苦悩する青年(=死にゆく男)との対比を意図している。

とはいえ、かく言うOssie自身も百合物や怪獣映画をこよなく愛するオタクであるため、これはオタク・バッシングというよりも、自己の二面性に基づく葛藤を表したものと受け止めていただきたい。

ジャケット・アートは、バンド側のアイディアを元に、現代幻想画家の旗手・近藤宗臣(SAWSIN)氏が手がけた。ベースとなっているのはアルノルト・ベックリンの『ペスト』だが、同作品をモチーフにしたAUTO-MODの名盤『レクイエム』(画:丸尾末広)へのオマージュも込められている。

また収録曲のタイトルの一部にも、バンドが影響を受けたHELLHAMMER、VENOM、SAINT VITUSに対するリスペクトが反映されている。

カヨマ1stジャケ
スポンサーサイト
1stアルバム『The Living Dead And The Dying Man』発売開始!
お待たせいたしました! カヨマ=スディーンの1stアルバム『The Living Dead And The Dying Man』、本日発売です!

収録曲は下記のとおり:

01.REMENBER:ONLY DEATH IS REAL (5:40)
02.The Final Day In Sodom (2:34)
03.Death From Above (4:38)
04.Dance Like Vitus (1:55)
05.Behold The Red Sky / ...Over The Land (4:01)
06.The Plague Rages... (1:35)

現在myspaceにて収録曲"REMENBER:ONLY DEATH IS REAL"の短縮版と"The Final Day In Sodom"が試聴できます。

お買い求めは下記ウェブサイトまで:

CAPTURED RECOREDS
【解説】これは恐ろしい・・・・『悪魔の音楽』をコンセプトに結成された、VoとBの2人組によるカヨマ=スディーンの1st。EARTH、SUNN O)))、GOATWORSHIPPER、BURZUM等から影響を受けた、triple D(ドラムレス・ドゥーム・ドローン)サウンドはジャケットの世界観が物語る様に、死、怒り、悪、絶望、悲しみ、苦しみ、欲望、妬み、戦争、疫病、神罰等、人の心の奥底に根付いたネガティヴな側面をサウンドに鏡映させた、陰鬱かつ不気味なサタニックドローンサウンドは、聴く者を絶望へと追いやり、凍り付かせる事必至。暗黒舞踏的な部分もありつつ、まるで岩崎宏美のレコードに忍び込んだ幽霊の声の如き恐ろしいVoの呻きと、様々な音像を駆使して音の壁を作り出すベースサウンドが入り乱れた地獄曼陀羅。夜中に一人で聴いていると、『しんぶ~ん』との声と同時に、恐怖新聞が部屋の窓から放り込まれそうな音です。分かる人には分かると思われますが、ジャケットはかのAUTO-MODの名作『レクイエム』のオマージュである部分から、奥深い面も感じさせます。DISCLOSE/GOATWORSHIPPER・マスター川上氏、ENDLESS DISMAL MOAN・Chaos9氏、METAL SKULL・ナヌーク氏に捧げられたアルバムでもあります。

SABBATHID RECORDS
【解説】日本産ドラムレス・ドゥーム、2008年の自主制作デモCDR。"Triple D" (Drumless, Doom, Drone)を標榜する2人組で、図太く歪んだベースがゴモゴモと鳴り響く中、Voが少し脱力したようなクリーン声で怪しいメロディを歌い上げたり金切り声を張り上げたりする、殺伐とした倒錯的サウンド。ベースが結構ちゃんと弾いてるので、がっつりドローンという感じではなく比較的聴きやすいです。ソフトケース仕様(プラケースなし)、手書き番号入り200枚限定。

OBLITERATION RECORDS
【解説】ボーカルとベースによる国産暗黒地獄音楽。地の底から聞こえてくる恨み節と低音ノイズ/ドローンの幽体離脱サウンド。限定200枚自主制作音源。

NAT RECORDS
【解説】GOATWORSHIPPERやEARH, BURZUMに影響を受けたという千葉のvo.とベース(ドラムレス)2人組satanic doom noise drone, カヨマスディーンの1st.CDR('08)! お経のようなinsane vo.に無気味に歪んだベースが淡々と鳴り響く奈落の底のdarkサウンド! 全6曲/LTD.200枚!

RECORD BOY
【解説】Vo.とベースの2人のみで編成された千葉のドゥーム・ノイズ。「悪魔の音楽」をコンセプトに、EARTH、SUNN O)))、GOATWORSHIPPERから影響されたという "トリプルD(ドラムレス/ドゥーム/ドローン)"サウンド!!

カヨマ1stジャケ

テーマ:バンド活動♪ - ジャンル:音楽

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。